肩たたきが文字通り飛んできた

ナースコールが鳴る。

203号室のMさんは用事がなくてもナースコールを押す。

他の職員が「また呼んでる…」と愚痴をこぼすほどMさんは呼ぶ。

でも私は用事がないならそれでいい。

100回押す中の1回に本当の理由があるんじゃないかと思ってる。

ただその日は、他の救急対応が3件も重なり「後でまた来ますね」と言葉を掛けその場を去った。
ようやく落ち着きMさんの部屋に行くと、肩たたきの棒を投げられた!!

よけることができず一瞬で視界が悪くなり何が起きたのか分からなくなった。
Mさんが投げた肩たたきが私の眼鏡に命中。眼鏡のレンズは粉々に。

眼鏡を片づけMさんをみると申し訳なさそうにしているも少し怒っている。失語があるMさんは伝えたいことが伝えられない。部屋の周りをみるとベッドの隙間にミカンが落ちている…。

拾ってほしかったから何度も呼んでいたんだ…肩たたきの棒で拾おうとしていたんだね。ごめんね。

眼鏡はこわれたけど、謝ってミカンを渡すとMさんはにっこりと笑ってくれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です